FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

 いつも変わらぬ温かいお力添えを頂きありがとうございます

合掌
 いつも変わらぬ温かいお力添えを頂きありがとうございます
 弊社ダスキン椿グループでは年4回社内新聞「つばきだより」を発行しております
 代表河野康弘から社内働きさん(世間では従業員と呼ばれる方々)
 又ハーティさん(一般家庭へ定期訪問を行って頂いている主婦の皆さま)ケアスタッフさん(介護事業に従事されている方々)に向けてご挨拶を発信しております。
 ホームページをご覧下さっていますユーザーの皆さまにもご覧いただきましてご意見等ございましたらどんどん書き込んで下さいませ。





つばきだより 第72号より

合掌
そうぎょう50周年直前の49周年を8月に迎える42期を迎えました
そして、年間テーマ「自己育成」の」2年目です
何の為の「自己育成=自分を育てる」ですか?とよく聞かれます
その時私はこう答えます
喜びのタネをまこうダスキンで幸せの花を咲かそう!を実現さす為です!と・・・
従って今期の合言葉は

   幸せの花を咲かそう
      その前に
   自分の花を咲かそう

とさせて頂きました
人は皆、天から「その人だけの真実」を授かってこの世に生まれてくるといわれます
その真実を発揮してゆくことこそすべての人に課せられた使命であり
自分の花を咲かそう!とは
この天から授かった真実「天真」を発揮して生きることに他ならないと信じています
しかしその「天真」はその人の心の奥深くに隠されているといわれます
しかも心の奥深くに隠されているが故に
多くの人はその秘法に気付かぬままに人生を終えるともいわれます

   ではどうすればその秘法に気付き
   自分の花を咲かせることができるのか?

私なりに学んで得たものがあります
その一つは
「自分の命に目覚めることだ!」と母の死により教えられました
自分がここに居るのは両親がいたからである
自分の命は自分のものではない!
その自覚こそ生涯にわたり自分の花を咲かせる土壌になる!ということでした
だから会社運営においても
私が生まれ育った「保内町須川日の地」はサンコーホールディングスグループの
「ふるさとの家」にするべきだ!とも気付かされました
二つめは
天真、すなわち自分にしかない「一つ事」を見つけること
この「一つ事」をもって人生に立つことだ!と・・
一番簡単なのは、今携わっている職業を、環境を、「自分の一つ事」とすること
つまり「天職と定めること」です
決して今の仕事は生活のためだけの労働ではないという考え方です
三つめは
その「一つ事の発揮」=「天職思想」に本気になること
その本気について詩人「相田みつを」はこう語っています

   何でもいいからさ本気でやってごらん
   本気でやれば楽しいから
   本気でやればつかれないから
   つかれても
   つかれがさわやかだから

お釈迦さまがお生まれになった時こう発せれた!と聞きます
天上天下 唯我独尊・・・訳すると「天にも地にも我れひとり尊き哉」
地球上の行きとし生けるものすべてが
かけがえのない命(天真)を頂いてこの世へ生まれて来ている!と・・・
生まれてくる時に天が自分だけに与えてくれた「天真」すなわち「一つ事」
その一つ事はきっと、今の自分の職業である!
それに早く気付き、その世界で自分だけの花を咲かせましょう
そして長い人生の中で今以上の幸せの花を咲かせましょう
年間テーマの「自己育成」も二年目を迎えました
創業49周年を迎える42期もどうぞよろしくお願い致します

                感謝を込めて・・・  河野康弘     合掌
スポンサーサイト
2018-08-20 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

ダスキン椿

Author:ダスキン椿
1943年5月31日愛媛県の保内町生まれ。
1961年川之石高校を卒業後、
帝人松山に就職。
実業団バレーボール選手として青春を
燃焼させて来ました。
1969年ダスキン創業者鈴木清一との
劇的な出会いによりダスキン椿を創業しました。
創業50周年を迎え「喜びのタネをまこう」を
合言葉に仲間と共に
「幸せの花を咲かそう」と誓い合い、
毎日イキイキと活躍中です。

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。